ITに「人間力」というエナジーを。

Interview with senior staff

大阪支社勤務 王 雨竹 UCHIKU OU

大阪支社 第二グループ システムエンジニア
1994年、中国・遼寧省生まれ。2016年、大連海洋大学卒業後、来日。日本語学校で日本語を習う一方、大阪法科大学大学院で経営学を学び、2020年にBizplus入社。システム開発のリーダーとして活躍できる日を目指し、システム開発技術と日本語能力の研鑽に勤しむ。

「何でも聞いてね」という、
社員一人ひとりの
温かい人柄が魅力です。

中国で生まれ育った私が日本で働くようなったきっかけは大学生の頃のこと。当時、アニメなどのエンターテインメントを通して興味を持った日本でしたが、次第にその気持ちは「日本で働きたい」というものへと変化。その後、大学卒業のタイミングで来日し、日本語学校で日本語を、大阪の大学院で経営学をそれぞれ学んだ後、就職活動に際して友だちが教えてくれたのがBizplusだったのです。
この会社のいいところは、一緒に働く人たちに共通する温かい人柄です。「こんな初歩的な質問していいのかな?」と思うようなことも、聞けば誰もが快く教えてくれる。だから、未経験でも入社したとしても、気持ちさえあれば着実に成長できると思います。

一方、ITの知識・スキルだけでなく、日本語教師を招いて勉強会を開いてくれるなど私たち外国人社員の語学面もサポートしてくれるのもBizplusの魅力だと思います。私自身も現在、「日本語技能検定1級」の取得を目指して勉強しているところです。いつか開発の上流を担当できるようになったら、流ちょうな日本語で顧客や同僚とコミュニケーションが図れるように力をつけておきたいと思います。
Bizplusは「ITに打ち込みたい、スキルアップしたい」という気持ちがあれば、経験も国籍も問わない会社。「未経験の自分が応募して大丈夫だろうか?」と不安に思っている人もいるかもしれませんが安心してください。きっと笑顔の社員が、迎えてくれるはずです。

Another Staff Interview